「自動タグの活用方法」の版間の差分

提供: Geeklog Japan
移動先: 案内検索
(ページの作成:「自動タグ(Autotag)は、Geeklogでもっとも便利なカスタム手法のひとつです。 Geeklogの管理画面で、基本的にあらゆるテキスト形...」)
 
1行目: 1行目:
 +
=自動タグ(Autotag)=
 +
#[[自動タグの活用方法]]
 +
#[[本体が提供する自動タグ]]
 +
#[[プラグインが提供する自動タグ]]
 +
#[[自動タグを管理画面ですぐ作成できるプラグインAutotagsプラグイン]]
 +
 
自動タグ(Autotag)は、Geeklogでもっとも便利なカスタム手法のひとつです。
 
自動タグ(Autotag)は、Geeklogでもっとも便利なカスタム手法のひとつです。
  

2017年8月19日 (土) 14:39時点における版

自動タグ(Autotag)

  1. 自動タグの活用方法
  2. 本体が提供する自動タグ
  3. プラグインが提供する自動タグ
  4. 自動タグを管理画面ですぐ作成できるプラグインAutotagsプラグイン

自動タグ(Autotag)は、Geeklogでもっとも便利なカスタム手法のひとつです。

Geeklogの管理画面で、基本的にあらゆるテキスト形式の入力フォームで、入力できます。

書式:

[(自動タグ名):(引数1) (引数2)] 
[(自動タグ名):(引数1) (サブ引数1):(値1) (サブ引数2):(値2) (サブ引数3):(値3)... ] 

本体が提供している主な自動タグ: [story:] など。

自動タグを管理画面で簡単に生成できる自動タグプラグイン(Autotags plugin)をインストールすると、すぐに管理画面でカンタンに自動タグを作成できます。 自動タグからさらに自動タグを入力できます。