「自動タグの活用方法」を編集中

移動先: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
9行目: 9行目:
 
Geeklogの管理画面で、基本的にあらゆるテキスト形式の入力フォームで、入力できます。
 
Geeklogの管理画面で、基本的にあらゆるテキスト形式の入力フォームで、入力できます。
  
==書式==
+
書式:
  
 
<pre>
 
<pre>
22行目: 22行目:
 
自動タグを管理画面で簡単に生成できる自動タグプラグイン(Autotags plugin)をインストールすると、すぐに管理画面でカンタンに自動タグを作成できます。
 
自動タグを管理画面で簡単に生成できる自動タグプラグイン(Autotags plugin)をインストールすると、すぐに管理画面でカンタンに自動タグを作成できます。
 
自動タグからさらに自動タグを入力できます。
 
自動タグからさらに自動タグを入力できます。
 
==テンプレートで使う==
 
 
テンプレートでは、以下の書式にします。[]を{!!autotag !!}に変更。
 
 
<pre>
 
{!!autotag (自動タグ名):(引数1) (引数2) !!}
 
</pre>
 
 
==自動タグをPHPで使う==
 
 
自動タグをPHPで実行する場合は、次のように記述します。
 
 
[tagname:item]
 
 
これをPHPで実行するなら
 
 
<?php echo PLG_replaceTags('[tagname:item]'); ?>
 
 
テーマ変数を引数にしたければ通常はPHPで記述の必要はありません。
 
 
[tagname:{var}]
 
 
これを
 
 
{!!autotag tagname:'.{var}.' !!}
 
 
と表示。 これをPHPで実行するなら
 
 
<?php echo PLG_replaceTags('[tagname:'.$this->get_var('var').']'); ?>
 
 
自動タグをテンプレート内に記述するとき、引数をテーマ変数ではなく、自由な変数を使ってセットしたければ、以下のようにPHPで記述します。
 
 
<?php echo PLG_replaceTags('[tagname:'.$var.']'); ?>
 
 
なお、テーマ変数は、PHPでは以下のようにすればテンプレート内でも参照できます。 テーマ変数titleを取得したければ以下。
 
 
$this->get_var('title');
 
 
詳しくは https://www.ivysoho.net/article.php/geeklog-autotag-by-php
 

Geeklog Japanへの投稿はすべて、クリエイティブ・コモンズ 表示 (詳細はGeeklog Japan:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

取り消し | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)